Facebook Twitter Twitter シェア

出展社情報

小間番号
1-003
会社名
株式会社アキラックス
住所
〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-29-9 損保ジャパン南池袋ビル
電話番号
03-5992-0790
URL
https://www.aquilax.co.jp/
PRコメント
医療情報システムの黎明期、アキラックスは発生源入力=院内ネットワークシステムという先進システムを提案し、その実現に独自ハードウェア設計・製造をもって応えるという独創的な商品開発を行ってきました。
単に医療マーケットに特化したソフトウェア開発企業とは一味違う、研究開発型企業と自負しております。
マンマシンインターフェイスに拘ったタッチディスプレイの採用、システムの汎用性を優先させるWindows OSの採用、カルテデータと診療画像データを単一データベースで管理する本来の医療情報システムの形、これら全ての先進コンセプトは、常にアキラックスが業界初システムとして市場に投入してまいりました。
今回11番目の新製品「AQUILAX-11(アキラックス・イレブン)」を出展いたします。本格的電子カルテシステム機能搭載しております。

出展商品

AQUILAX-11(アキラックス・イレブン)

商品説明
Windows10及びWindows11対応電子カルテシステム搭載の歯科医院用ソフトウェアで、患者管理、保険及び自費カルテ作成、会計業務、保険請求、受付->カルテ入力->会計・領収証発行という流れを自動的にメニュー移動する自動遷移機能を搭載。処方箋もしくは、薬剤情報も自動で印刷します。予約管理機能も装備していて、リライトカードリーダー接続時には、リライトカード診察券に、患者氏名、次回予定が印字でき、来院時に患者自身がリライトカードリーダーに通すと自動で受付されます。患者の薬剤、処置等の禁忌情報もカルテ入力時にエラーとして表示されます。ドクターの入力および、受付スタッフの省力化が図れます。コロナ対策の消毒作業等の業務が増す中、事務作業時間を減らせます。タイプSは、SOAP記録方式カルテ機能、患者へのプレゼンテーション機能を積んだ最高モデルです。タイプBは、近年注目されるSOAP記録方式カルテ=その入力機能を独自の視点で開発、搭載しました。タイプAは、患者自身の治療経過画像をフル活用した説明が行えるモデルAのプレゼンテーション機能は、患者との信頼関係が築けるだけでなく、説明スタッフのスキルアップをも同時に可能とするエデュケーショナル機能も有します。タイプCは、カルテレセプト処理のスタンダードタイプのAQUILAX-11Cです。
商品区分
歯科医師向け商品
分類
診療用設備
品目
レセコン
資料
ダウンロード